トーチタワーはいつ完成?デザインの由来、その高さや付帯施設を調査!

近年、高層ビルの建設が進んでいます。三菱地所が発表した日本一になる予定の高層ビルについて調べてみました。
https://twitter.com/news24ntv/status/1306463936812728320?s=20

スポンサードリンク

トーチタワーはいつ完成?デザインは

トーチタワーのデザインが評判になっていますが、どんな感じなんでしょう。

トーチタワー計画概要

まずは発表された建築物の概要を見てましょう。
・名称:トーチタワー
・建設地:東京駅千代田区大手町2丁目
・竣工:2027年(予定)
・高さ:390m
・階数:地上63階、地下4階
・用途:商業・広場、オフィス、エンタメホール、ホテル、展望台

場所は東京駅の北側すぐの所、高さ390mで後述しますが東京タワーよりも高いんです。

トーチタワーの名前の由来とエリア

「トーチタワー」の由来は日本の未来を明るく照らす”灯り”であってほしいという希望が含まれています。ビルの形がトーチをモデルにしているのは言うまでもありません。おしゃれな外観で、展望台からの眺めを想像するとワクワクが止まりませんね。

商業エリアB1F〜6F、大規模ホール3F〜6F、オフィス7F〜53F、ホテル57F〜61F、展望台62F〜63Fとなっています。

新たに計画されたトーチタワー付帯施設

新型コロナの影響により当初計画外だった施設が追加されました。それが空中散歩道と屋上庭園です。
・空中散歩道:約2㎞
・屋上庭園:約2500㎡


空中散歩道は、建物の周囲に沿って1F〜8Fまで約2㎞の距離を登って行きます。ゴールの屋上庭園までどの位の時間がかるのでしょうか。屋上庭園の仕上がりも楽しみです。
家で過ごす時間が多くなってきている昨今、運動不足解消にも一役買ってくれそうです。

スポンサードリンク

トーチタワーはデザインも凄いが、高さも日本一に

トーチタワーのデザインが目立っていますが、その高さでも日本一に躍り出る予定です。

日本の建造物ランキング

トーチタワーは、2027年ビル日本一になりますが現在の第1位は調べてみると大阪府大阪市のあべのハルカスで300m


画像引用:Wikipadia

第2位は神奈川県横浜市の横浜ランドマークタワーで295.8mです。


画像引用:三菱地所

ちなみに建築物という括りでは、333mの東京タワーを抜いて第2位になります。東京都庁は242.9mでビル第9位です。

世界第1位の建造物

世界第1位はドバイ(UAE)にあるブルジュ・ハリファ。206階建て、828mを誇る超高層ビルでした。まさに世界は広いが当てはまるとんでもない高さです。


画像引用:amazon

スポンサードリンク

トーチタワーはいつ完成?デザインの由来まとめ

このビルが完成後には、観光スポットとなりビジネス街のイメージが強かった東京駅周辺も幅広い年齢層の人々が訪れ、様変わりしていくのでしょうか。
今後、徐々に詳細な情報が配信されると予想されます。完成を楽しみに待ちましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする