やけど虫は飛ぶ!!家の中で遭遇した時の対処法を調査。

特にやけどした記憶もないのに水ぶくれが出来たという方、やけど虫にやられた可能性が高いです。家の中で見かけた時の対処方法を調べてみました。

スポンサードリンク

やけど虫は飛ぶので注意

やけど虫は飛ぶので、家の中で見かける事があるのは当然です。

やけど虫のプロフィール

やけど虫君の正体など属性ってどんな感じなのか探ってみると・・・
・名前:アオバアリガタハネカクシ
・生息地:水田や畑、池や沼、湿った草地など
・活動時期:4月~10月が多い
・体長:成虫で6~7mm
・地域:日本全土
・毒:体液(ぺデリン)


家の中なら大丈夫そうと思ったあなた・・・この虫明かりに引き寄せられ飛んで来るんです。一見、羽が無いように見えますが”ハネカクシ”という名前の通り羽を隠しているのです。
また光に集まる習性があるの家の中でも遭遇する可能性大です。オレンジと黒のツートンカラーが気持ち悪いですね。7mm程度なのでかなり小さく気が付かない事も考えられます。

年間を通して発生するが、主な発生時期は4月から10月。6月から8月が最盛期です。冬に被害が少ないのは、土中などで冬を越すためです。

スポンサードリンク

やけど虫は飛ぶのでどうしたら防げる

それでは、やけど虫君に遭遇した時の対処法を説明しましょう。

やけど虫の症状

写真を見ると、蜂のように尻の針でさされるとアウトと思われがちですが水ぶくれの原因は体液です。よって素手で触る・つぶすなどの行為は大変危険です。人によっては激痛が走る事もあるようです。

触れてすぐに症状はでないかもしれませんが、数時間後、人によっては翌日になって肌が赤くなり、水疱(線状皮膚炎)ができてしまうことがあります。
出典:アース製薬


画像出典:yahooニュース

やけど虫に遭遇した時の対処及び防止法

素手では絶対触らないようにする事が大事。肌の上を這っていた場合、慌てずに口で吹き飛ばすかティッシュやタオルでつぶさないように取りましょう。死骸にも毒がある事も覚えておきましょう。
また光に集まるので、玄関灯や網戸に防虫スプレーを噴射し隙間を作らないようにして家に入って来ないように注意しましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする