さんかく窓の外側は夜の2話ネタバレあらすじ!

スポンサードリンク

アニメさんかく窓の外側は夜の2話ネタバレあらすじを紹介します。

ネタバレ情報なので、神経質な方は注意してお読みください。


引用:さんかく窓の外側は夜公式サイト

さんかく窓の外側は夜の2話ネタバレあらすじ!ネタバレ情報

2話のタイトルは「束縛」です。

タイトルの意味は、物語の進行によって明らかになっていきます。

主な登場人物

・三角康介(CV.島﨑信長):主人公
・冷川理人(CV.羽多野渉):除霊師
・迎系多(CV.斉藤壮馬):占い師
・非浦英莉可(CV.安済知佳):謎の女子高生

あらすじ

★怪しい占い師

三角はバイト先の同僚に、占い師迎系多(むかえ けいた)の調査を頼まれる。

冷川に相談し、幽体離脱を使って調査する事を決める。

二人で協力して、迎の占いはインチキだと突き止める。

しかし迎は幽体離脱した冷川に気付いて、三角を攻撃する。


引用:アニメ第2話

三角の身体に入りこんで、本人を外へ追い出すって冷川のスキルが強烈すぎて笑った。

迎の正体は、二人と同じ霊能者であった。

迎が以前関わった呪われた男の話を聞いて、二人は愕然とする。

「ヒウラエリカにだまされた」という例の言葉を聞いたからであった。

三角は、迎から冷川とは付き合わないほうがいいと忠告を受ける。

迎の占いはインチキとわかり、同僚の依頼は完了となった。

★呪われた女子高生

次の依頼は女子高生で死体が見えるという。

三角は、女子高生の顔に黒い穴が見えると気付く。


引用:アニメ第2話

それを見た冷川は、女子高生が呪われていると指摘する。

呪いの道具があり、マイナスの精神状態の時を狙って呪いをかけているようだ。

二人は呪いの道具が、女子高生の机にある「黒い穴」だと突き止める。

そこへ先生と非浦英莉可(ひうら えりか)が現れる。

英莉可と目があうと机の黒い穴は消え、三角は冷川と最初にあった時と同じ感覚になる。


引用:アニメ第2話

呪いの道具が消えたので依頼は完了。

突然三角が、英莉可に向かって「じゃあまた」と告げる。

英莉可が三角に入り込み、言動を操作していた。

英莉可も強くて魅力的な霊能者であるようだ。

女子高生を呪ったのは、英莉可だったのは明らかであった。

★契約

事務所に戻り、契約書にサインさせられる。


引用:アニメ第2話

その瞬間、三角は意識を失い冷川に取り込まれた感覚になる。

冷川の「私のものですよ」という一言はどういう意味なのでしょうか?

三角を束縛して独占したい冷川の強い希望であるようだ。

★迎との除霊

次の仕事は、何故か迎と二人で女性の部屋へ向かう。

トイレのドアが開かないという事で調査を開始する。

迎は、結界を張り二人だけの世界を作る事ができるようだ。

トイレの中には、依頼女性のネガティブが作り出した霊がとりついていた。

迎が、霊に優しく話しかけ除霊完了。


引用:アニメ第2話

除霊後、迎に「尻に犬の尻尾のようなものが付いている」と言われる。

契約書にサインした証明のようなものだと思われる。

★結界

帰り道で女性の霊が三角の身体に入り込む。

そこに現れた冷川に除霊してもらい、事なきを得る。

しかし冷川から「悪い癖は直してください」と言われ、結界に閉じ込められそうになる。

冷川も結界が簡単に作れるようだ。


引用:アニメ第2話

契約書にサインしたのに他の男と行動した行為に対する罰を与えようとしたのでしょうか。

目が覚めると、冷川の事務所にいて「かッとしてすまなかった、愛想をつかさないで」と言われる。

さらに「君がいてくれないと困る」と言われ、三角は訳がわからなくなる。

★エピローグ

三角、冷川、迎の三角関係はこれからどうなっていくのか・・・

最後の場面、ATMから大金を引き出す英莉可が登場。

呪った相手から奪った金なのでしょうか。

コメント紹介

霊能者3人の三角関係が強くなってきているBLアニメと感じた人が今回も多かったようです。

三角が霊能者2人に翻弄される展開が面白すぎます。

他の放送回が気になる方はこちらからどうぞ!
↓  ↓  ↓  ↓  ↓
さんかく窓の外側は夜、全話ネタバレあらすじを紹介

放送日や放送局の詳しい情報はこちらからどうぞ!
↓  ↓  ↓  ↓  ↓
さんかく窓の外側は夜、いつからどこの放送局で放映される

スポンサードリンク

さんかく窓の外側は夜の2話ネタバレあらすじ!まとめ

アニメさんかく窓の外側は夜2話について

・主な登場人物
・2話あらすじ
・2話コメント抜粋

を紹介しました。

今回もお付き合い頂きありがとうございました。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする