バベル九朔3話ネタバレ!バベル第一犠牲者は?見逃し配信もチェック。

スポンサードリンク

菊池風磨さん主演のドラマ「バベル九朔」の3話が放映されました。
展開が早いストーリーに注目してあらすじを追ってみましょう。

画像出典:https://www.hulu.jp/babel-kyusaku

スポンサードリンク

バベル九朔ネタバレ3話!あらすじ概要

今回3話の主人公は、満大の友人健です。

涼子を見た!

管理部屋で満大(菊池風磨)と共同生活している(髙地優吾)がアルバイト中に映画撮影仲間の1人である涼子(鳴海唯)を見かけたとビルの住人に話します。

「今度会ったら告白しようかな。」と嬉しそうに話し撮影当時の写真を見せ、探偵の四条に涼子の調査を依頼します。
しかし調査の結果、涼子には婚約者がいる事が判明しガッカリします。

どういう経緯で涼子は、この町に戻ってきたのでしょうか。

健がバベルのターゲットに

ある日、以前応募した自主映画の落選通知が届きます
満大はショックを受けもう脚本は書かないと健に告げます。
健は「ここであきらめたら今までの苦労はなんだったんだ。」と満大を説得します。

しかし満大の意志は固く、それが原因で口喧嘩になり健は部屋の外にでたきり行方が分からなくなります。
健がバベルのターゲットにされた事に気付いた満大は、健を助けるべく物置の扉を開けバベルへ向かいます。

1次審査さえも通過できない自分の才能に嫌気がさして、健につらくあたってしまった事を後悔するも遅かったようです。

1人目の犠牲者

バベルの健は、偽の涼子に付き合ってと言われ有頂天になっていました。
学生時代に涼子と付き合っていた満大は、偽の涼子にだまされてはだめだと説得を続けると現実世界へ戻る扉が開きます。

しかしそこに偽の満大も現れまた一緒に映画を作ろうと誘惑します。
ついに健は「僕はここにいる」と言ってはいけない言葉を言ってしまいます。
すると触手が伸びてきて、健はバベルに吸収されてしまいました。

現実世界への扉はバベルへの扉でもあったんですね。
まさか健が一番目の犠牲者になるとは驚きました。
最終回までバベルの謎を解く仲間だと思っていました。

バベルが作り出した「くらまし」も今回は2体現れて、健を守るのが難しかったようです。

バベルと記憶

現実世界に戻った九朔は、他の住人の記憶から健の存在が消されている事に驚愕します。
さらに管理室に戻ると映画撮影当時の写真にも健の姿はなく、部屋にも痕跡が全くなくなり深い悲しみを感じます。

その頃バベルのメーターは上昇していました。人間を吸収すると上昇していくようです。

バベル本体のメーターは人間の吸収度合いを示しているようです。バベル本体を見つめる人物は誰なのか。

スポンサードリンク

バベル九朔ネタバレ3話!視聴者口コミと4話予告

それでは今回も口コミを見てみましょう。まさかの親友との悲しい別れに意見殺到です。


健が犠牲者になった展開は皆さん、予想していなかったようで今後の展開が読めなくなってきました。
それでは4話の予告です。

スポンサードリンク

バベル九朔ネタバレ3話!まとめ

バベルに吸収された健を救出できるのでしょうか。
また次回カラス女が登場しますが、その役割が判明するのかなど見どころ満載ですね。
3話を見逃した人は以下のサイトをチェック!
huluは、地下1Fスナック「ハンター」で起きるスピンオフドラマが見れます。
・Tver(放映後期間限定で無料視聴可、3話は11/10(火)00:58まで)
https://tver.jp/corner/f0059946
・Hulu(放映済全話視聴可)
日テレドラマ

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする