バベル九朔ネタバレ2話!四条の運命は?

スポンサードリンク

現実と異世界の狭間に位置する雑居ビルが舞台のドラマ「バベル九朔」の2話が放映されました。主演の菊池風磨(sexy zone)さんの演技にも注目して今回のストーリーを追ってみましょう。

画像出典:https://www.hulu.jp/babel-kyusaku

スポンサードリンク

バベル九朔ネタバレ2話!あらすじ概要

さて2話の主人公は、探偵四条です。

四条が行方不明!

4Fの探偵事務所の住人四条(池田鉄洋)が夢をあきらめた為バベルのターゲットになります。そして現実世界で行方が分からなくなります。九朔満大(菊池風磨)は地下1Fの物置に特定のキーで入ると異世界へ移動できる事を知ります。そして四条を助けるべく再び異世界の扉を開けます。

異世界に来ると四条の服装が白いジャケットになるのは、どちらの世界にいるかがわかるようにしたのでしょうか。

現実世界とバベル(異世界)の違い

異世界の四条は、娘と2人で探偵事務所を閉める準備をしていました。そこの謎の少女が現れ、現実と異世界バベルの関連を説明されます。バベルが夢をあきらめた人間を吸収して、その人間は現実からいなくなると聞かされますがどうしたら四条を現実に戻せるかわからず悩みます。
少女は現実に戻り、ヒントを探しなさいと九朔を窓から突き落とし現実世界に送り返しました。

現実に戻る方法が、窓から突き落とすという荒っぽさには笑います。

四条の過去

現実世界に戻った九朔は、住人名簿やスナック常連に四条の過去を聞くと四条の娘が交通事故で既に存在しない事を知ります。異世界の娘は生きていれば大人になっているはずなので、バベルが作り出した偽物と気づきます。そして四条を現実世界に戻すべく再び地下の物置へ向かいます。

バベル本体のメーターが振り切ると何が起きるのでしょうか。何をイメージした形なのかも気になります。

四条救出!

再び異世界に来た九朔は、四条に夢をあきらめちゃだめだと説得を試みます。四条の心が揺れはじめた時、現実に戻る扉が開きます。「ここにいて」と抱きつく偽物の娘を振り払い扉の外に向かい現実に戻る事ができました。

決め手は娘と一緒に作った夢が詰まった探偵事務所の看板でした。

異世界の記憶が残っているのは九朔家の特殊能力と判明しましたが、九朔自身は「通常の扉からは戻れないんかい」とつっこみたくなります。
九条を窓から落とした後、少女の前に現れた人間は何者でしょうか。少女の父親?九朔家の先祖?謎が深まりました。

スポンサードリンク

バベル九朔ネタバレ2話!視聴者口コミと3話予告

それではいくつか口コミを見てみましょう。


皆さん、バベル九朔の不思議な世界に引き込まれてしまっているようです。1話進む毎にパズルのピースが埋まっていき全貌が明らかに行くのを期待しましょう。
それでは3話の予告です。

スポンサードリンク

バベル九朔ネタバレ2話!まとめ

バベルとの関係が少しずつ明らかになってきましたが、まだまだ謎だらけ。カラス女は2話に登場しませんでしたが3話での登場はあるのか。謎の少女の役割は何なのかなど注目していきたいと思います。
2話を見逃した人は以下のサイトをチェック!
・Tver(放映後期間限定で無料視聴可、2話は11/3(火)01:03まで)
https://tver.jp/corner/f0059946
・Hulu(放映済全話視聴可)
日テレドラマ

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする