監察医朝顔2_1話ネタバレ!群衆なだれ発生、見逃し配信もチェック。

スポンサードリンク

上野樹里さん主演のドラマ「監察医朝顔 シーズン2」の1話が放映されました。それではあらすじを紹介していきましょう。


画像出典:https://www.fujitv.co.jp/asagao2/introduction/index.html

スポンサードリンク

監察医朝顔2の1話ネタバレ、あらすじ

万木朝顔(上野樹里)は、父の万木平(時任三郎)と夫の桑原真也(風間俊介)、娘のつぐみ(加藤柚凪)の4人で平和に暮らしていた。

立体歩道橋事故

ある日、通勤途中でしんみなとスタジアム立体歩道橋の群衆雪崩事故に遭遇する。火災報知器の誤作動により引き起こされ4名死亡と報道されていた。現場で金髪の男佐藤(松田元太)の亡くなった妻が痴漢に遭いそれが原因でパニックが起きたと証言。痴漢の疑いを掛けられた佐々木はSNSで誹謗中傷される事になる。

流石に痴漢を事故の原因にするのはどうかと思う。妻を失った悲しみは大きすぎるのは理解できるが。

遺体解剖

4人の解剖を実施。2人は雪崩事故による損傷が確定するが痴漢行為が疑われた佐々木の爪と金髪男佐藤の妻の太ももから佐々木のDNAが検出される。エコノミー症候群ではないかと想定されたが、肺には血栓がなかった。しかし佐々木は会社を退職し当日地元岡山に帰る予定だったのになぜ混雑する現場に来たのか謎が残る。佐々木の死因が特定できないまま警察は佐々木を被疑者として書類送検しようとする。

早く死因を特定して容疑を晴らさないと、このままでは佐々木本人と家族が気の毒すぎる。

佐々木の死因

警察の会見の前に、脳の解剖が間に合い脳に血栓が確認され「エコノミー症候群による脳梗塞」が死因と断定された。肺に移動した血栓が、持病である心臓の小さな穴から脳に移動して脳梗塞を引き起こした事が判明した。意識不明だった人物の証言から、事故が発生する前に佐々木の意識がすでに無く倒れこんできた事が証明された。その時に佐藤の妻にもたれかかり太ももを触ってしまった事がわかり、現場にいたのは母へのお土産を忘れてとりに戻ったためであった。

佐々木の疑いは晴れましたが、母はお土産くらい持って来ないとだめだと言った事を悔やんでも悔やみきれない気持ちでしょう。

朝顔の母の行方

母の手掛かりを探しに平が行く予定だった仙ノ浦の埋め立て予定の宮里沼に、朝顔が向かう事になる。ここは災害時に多くの人間が避難した場所であった。父のために少しでも役立ちたいという思いが溢れていた。沼の底を捜索しマフラーのような布を見つけるがタオルであった。今の生活が幸せであると感じるが、家族に残された時間がそう長くないことをこの時はまだわからなかったというナレーション、家で転出届を見つめる平。

これからの展開が大変、気になります。しかし柄本明さんの演技には圧倒されます。半沢直樹の箕部幹事長と同一人物とはとうてい思えない。

スポンサードリンク

監察医朝顔2の1話ネタバレ、見逃し動画サイト

放送日に視聴できなかった人のために次の視聴サイトを紹介します。
1話を見逃した人は以下のサイトをチェック!
・Tver(放映後期間限定で無料視聴可、1話は11/9(月)19:29まで)
https://tver.jp/drama
・FOD(有料、初回登録につき30日無料視聴可)

FODは1話から放映終了話まで全て視聴できます。

スポンサードリンク

監察医朝顔2の1話ネタバレ、まとめ

口コミを見てみましょう。月9初の2クール放映で堅実なストーリに絶賛の声、また金髪男役の松田元太さんも注目を集めているました。


最後に2話の予告をどうぞ。


次回以降、万木家がどう変わっていくのか母の手がかりは掴めるのか紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする