あのコの夢5話ネタバレ、フウセンガムの役割は?見逃し動画もチェック!

スポンサードリンク

南海キャンディーズ山里亮太さんの妄想世界を描いたドラマ「あのコの夢を見たんです」の5話が放映されました。5話のヒロインは大原櫻子さんです。今回はどんな展開になるのでしょうか。


   
スポンサードリンク

あのコの夢5話ネタバレ、あらすじ

フウセンガムをふくらませながら、横断歩道をクルクル回り動く櫻子のシーンから物語が始まる。

言い返せない男

山里亮太(仲野大賀)は、言いたいことが言えず損をする性格の男。今日も上司に人のミスを押し付けられ言い返せず困っている所を同僚の佐久間に助けられる。屋上に休憩に来た亮太は、捨てられたガムを踏んでしまう。すると真っ白なドレスをまといフウセンガムをふくらませる櫻子(大原櫻子)が現れる。ガムを渡されるが受け取れずその場を去る。

するとその後
・食事に並んでいる時、前に割り込まれる
・廊下で3人組に邪魔され前に出れない
などひとことが言えない時、櫻子が現れる事に気づきます。

どうやら言いたいことを言えずにいる時に、出没する事がわかります。

佐久間の失敗

営業部から納期を1週間短くしてと言われ、一度は断った佐久間だったが残業して希望通り納品する。しかしミスが発覚し大事になる。亮太は無茶な納期を言ってきた営業部とやれと言った上司に責任があると言いたかったが言えずに終わる。修正して再納品し上司と営業部に謝罪する佐久間を見て、ひとこと言おうとするがやはり出来なかった。

本人歯がゆいだろうね。前に助けてもらったのにお返しできないのは。

風船ガムSAKURA

屋上で再び櫻子に出会った亮太は、櫻子から「SAKURA」という名前の風船ガムをもらう。そしてガムを食べフウセンをふくらませてみると何と言いたいことが次々に言えるようになる。「フウセンガムがはじけると嫌な事が拡散して思った事が言えるようになるの。」と話す櫻子の言葉通りになった。

夜の歩道橋で言いたい事を言い続けていると、櫻子に「私の前以外でもいわなきゃだめだよ。」と言われる。亮太は「言えるようになったら櫻子はいなくなっちゃうの?」と問いかけるが、「どうかなあ。」とはぐらかされる。
消えていなくなると確信したのでしょうか。二人の寂しそうな表情が印象的でした。

勇気ある言動

失敗が理由で佐久間は営業部担当から外され、補佐作業をしろと上司に告げられる。亮太は覚悟を決めて上司に「佐久間は納期短縮を断ったのに強硬させたのはあんただから撤回しろ。」と言う。さらに佐久間を裏切った上司と陰口を叩いた同僚は大嫌いだと言った後、一番嫌いなのはずっと黙っていた自分自身だと話す。佐久間は優秀な人間であり、責任をとるべき人は他にいるはずだと主張する。

そして屋上で、三度櫻子と再会し「やればできるじゃん。」と言われ空を見上げると赤い風船が飛んでいる。突然パチンとフウセンが割れるような音がした後、櫻子の姿はなく地面に踏まれたガムが残っていた。ガムは笑っているように見えた。

櫻子はフウセンガムの妖精だったのでしょうか。亮太は今後、明るく幸せな人生を送る事になりそうですね。

スポンサードリンク

あのコの夢5話ネタバレ、見逃し動画サイト

残念ながら放送日に視聴できなかった人のために視聴サイトを紹介します。
5話を見逃した人は以下のサイトをチェック!
・Tver(放映後期間限定で無料視聴可、5話は11/7(土)00:51まで)
https://tver.jp/drama
・paravi(有料、初回登録につき2週間無料視聴可)
https://www.paravi.jp/browse/genre/396
paraviは1話から放映終了話まで全て視聴できます。

スポンサードリンク

あのコの夢ネタバレ5話、6話予告

あのコの夢、第6話のヒロインは山本舞香さんです。関口メンディーさんも登場するので楽しみです。


   

あのコの夢5話ネタバレ、5話まとめ

口コミを見てみましょう。大原櫻子さんの透明感あふれる役にいいねの声が多数ありました。


次も仲野大賀さんと1話限定で登場する女優との共演に注目しながら「あのコの夢を見たんです」を紹介していきます。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする