千代田区民になったら12万はいつもらえる?条件を調査。

千代田区が独自に12万円の特別給付を決定。転入希望者が増加傾向にあるらしいので詳細を調べてみました。

スポンサードリンク

12万はいつもらえる

特別給付案が突然発表されたのは、令和2年7月下旬です。

議会検討再開まで

東京都千代田区は、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う区独自の支援策として、区民全員に一律12万円の特別支援給付金支給を盛り込んだ補正予算案を、27日開会の区議会臨時会に上程する。
出典:産経新聞

しかし石川千代田区長の高級マンション優遇疑惑が発覚。

石川氏は今年3月、4年前に家族と購入した高級マンションの一室が一般に販売されない「事業協力者住戸」だったことが判明。強い調査権限を持つ百条委が議会に設置され、今月8日の百条委では、石川氏がこのマンションの容積率を緩和するなどした見返りとして、事業者側から優遇された疑惑が指摘されていた。
出典:産経新聞

これにより議会は審議を一時中断。万が一刑事告発にまで発展する可能性もあり注目されていた。それまで市民のコロナ対応に耳を貸さなかったのが突然の給付発表。
これでは「疑惑かくし」と言われても致し方の無いことですね。

給付対象や給付条件は?

千代田区HPでは以下のように記述されていました。

・対象者:千代田区民
(注意) 基準日等は決定次第お知らせします。
・給付額:1人あたり12万円
・給付方法:原則として、郵送による申請により、指定する口座に一括給付
出典:千代田区ホームページ

何だか詳細がモヤモヤしているので、さらに調査を進めると詳細記事を発見。

千代田区特別支援給付金の申請は11月から開始される予定で、各世帯に送付される申請書により受付を行うとのこと。給付の対象となるのは4月27日時点で住民基本台帳に記録されている住民約6万6000人で、新生児に関しては、2021年4月1日までに誕生した子どもまでが対象になります。
出典:Yahooニュース

基準日が令和2年4月27日のようなので、今から転入しても対象にはならないようです。振込時期もまだはっきりしていませんね。千代田区は企業と高額所得者が多く住民は約6万6千人とかなり少ない事がわかりました。
新生児については、「令和2年4月28日から令和3年4月1日の間に生まれ、出生により千代田区民として住民登録された新生児」なので妊婦さんなどは、今から転入しても対象となるようです。

スポンサードリンク

まとめ

千代田区以外の住民の声を聴いてみると「うらやましい」という意見が圧倒的に多いようです。新生児誕生予定の女性は、家賃や税金が平均以上というデメリットもありますが引っ越し予定があるなら転入候補にあげてもいいかもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする